Junichi

SFA(Sales Force Automation)は日本語で「営業支援システム」といいます。SFAは営業部にある業務プロセスを自動化したり、今よりももっと効率良く実行したりするためのシステムの1つです。 SFAを導入することで、営業プロセスの一部を自動化したり、業務効率を向上させたり、それによって顧客とのコミュニケーション時間を増やし、成約率・契約率の向上を実現することができます。 SFAの機能は、顧客管理、案件管理、商談管理、プロセル管理、売上予測・余日管理、スケジュール管理、タスク管理、アラート、営業日報、見積書作成・ワークフロー、分析・集計レポート、モバイル対応などの機能を備えている製品があります。 SFA(Sales Force Automation)とCRM(Customer Relationship Management)はしばしば混同されますが、違いがあります。 SFAがセールスフォースによる営業活動に主眼を置いて情報を蓄積し、営業活動の効率化と効果的な営業アプローチを実現することを重視するのに対し、CRMはセールスフォース、マーケティング、カスタマサポートなど顧客にかかわりのある部門間で情報を共有し、効果的な顧客アプローチを実現することを重視します。 CRMは主に顧客を管理するためのツールであり、ある意味ではデータベースの一種とも言えるものです。 一方でSFAは日本語で営業の自動化と訳されるとおり、営業の職務にあたる人々をサポートし、業務を効率化させるための様々な機能を搭載しています。 SFAは売り上げを向上させることが目的のツールと言えるでしょう。 SFAには選びきれないほど各社が様々な製品があるります。その中で、自社に合ったSFAを選ぶことが重要です。 おすすめの製品はSlimTime株式会社の営業ツール SFA「<a href=”https://slimtime.co.jp>Sugar Spot</a>」です。 「Sugar Spot」は低コストなのに、営業パーソンの能力を最大限に引き出し、売上を向上させるために必要な機能が備わっています。人数の少ない中小企業にもおすすめのSFAです。 スマートフォンで営業先に入る前に顧客の重要情報を確認することもでき、顧客の信頼の獲得、営業力の強化・営業力の底上げ、ひいては売上の向上が期待できます。 SFAを検討している経営者の方は、是非一度、比較検討のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

最後修訂於2021年9月22日 (星期三)19:58